コロナ禍により延期した当会主催の呼吸療法セミナー(2020年3月15日)にて、受講証明証の代わりに認定呼吸療法士の更新/新規申請の点数用に参加申込証明書を発行してまいりました.
参加申込証明書の申請は2020年度初めに締め切りましたが,その後も問合せが多くあるため,理事会で協議し2021年3月31日まで申請期間を延長いたしました.
2020年3月15日開催予定でした第11回呼吸療法セミナーに参加申込をされた方で参加申込証明書が必要な方は下記アドレスへお問い合わせください.
gaku@osakace.com

一般社団法人大阪府臨床工学技士会 理事会

「第1回日本心筋保護研究会学術集会」が開催されます。

  日 時:2020年9月6日(日)9:00〜13:00(受付開始 8:30)

  会 場:東京慈恵会医科大学 大学1号館 3階講堂 
      東京都港区西新橋 3-19-18

     ※100名限定参加型(東京慈恵会医科大学講堂)+ 500名限定WEB参加型のハイブリッド方式での開催

  大会長:森田紀代造 (東京慈恵会医科大学心臓外科講座教授)
   
  参加費:医師 5,000円(事前登録4,000円)、コ・メディカル 3,000円(事前登録2,000円)

   ※リーフレットはこちら

   ※参加受付などの詳細はこちらをご確認ください。

『e-プリバド』で会員情報の変更ができます!

  

   このほか、

    ・研修会などの申込みと受講・参加履歴の確認
    ・アンケート調査の回答
    ・代議員選挙や理事選挙の投票
    ・「たより」や「会誌」の閲覧

   などができます。ご活用ください!

公益社団法人日本臨床工学技士会 本間理事長からのメッセージです。
お知り合いの方に広く周知いただけますと幸いです。

————————————————————————————

【人材の確保:都道府県と職能団体が連携し配置調整のお願い】

 

公益社団法人日本臨床工学技士会
理事長  本間 崇

 

新型コロナウィルス感染症の拡大により、医療従事者への感染が深刻な状況になってきています。
病院の機能を維持するためには、医療従事者の確保が急務になってきております。そのため、
不足が予想される医療人従事者(医師・看護師・臨床検査技師・臨床工学技士等)を確保できるように
既に医療現場で従事している医療従事者の離職防止、地域の潜在有資格者の掘り起こし、医療現場の
人材配置の転換を行うことで、感染拡大時の医療供給体制の維持を図ることが求められています。

厚生労働省より都道府県(行政)に対し、各医療機関で必要となる医療人材の情報の提供と
医療人材の配置調整の考え方が提示されました。
都道府県がコロナウィルス感染症患者の増加に伴い、医療供給体制が逼迫した際に、不要不急の
診断を延期した場合に、各医療機関がコロナウィルス感染症、及び不要不急でない一般診療
それぞれに、どの程度医療従事者を派遣できるかを調査しております。
当会にも都道府県技士会と連携して医療人材の配置を調整するように依頼が来ておりますので、
調査にご協力を頂きます様お願いお致します。

また、人材の掘り起こしに際し、日本臨床工学技士連盟のご協力を頂いておりますので、
併せてご協力をお願い致します。

特に人材が不足する都道府県として、特定警戒地区の13都道府県が考えられます。
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪県、兵庫県、福岡県、北海道、茨城県、石川県、
岐阜県、愛知県、京都府等13都道府県以外についても、早急な準備が必要でありますので、
よろしくお願い致します。

上記人材の登録は、以下のフォームになっております(2020年6月14日まで)。


「COVID-19における臨床工学技士の確保」について(お願い)
https://rsch.jp/217979f50aaab18e/login.php

以上、ご協力をお願い致します。

————————————————————————————

公益社団法⼈ ⽇本臨床⼯学技⼠会 会員 各位

                          公益社団法⼈ ⽇本臨床⼯学技⼠会 理事⻑ 本間 崇

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部より、4月10日付けで下記の内容で廃棄を計画している人工呼吸器等があれば、廃棄せずに保管するよう求める事務連絡を都道府県などに発出されました。
「新型コロナウイルスの感染拡大に対する医療機器の保守点検・管理等について (第3 報)」として当会HPに掲載致します。

                【記】
今後、日本国内においても新型コロナウイルスによる感染者が大幅な増加することが懸念され、当該患者の診療に用いる医療機器の確保が課題となっております。
会員各位におかれましては、下記のとおり、対応いただくようお願いいたします。

1. 廃棄予定の医療機器の確保について
1) 廃棄を計画している医療機器について、新型コロナウイルス感染の終息が見られるまで保管すること
対象と考えられる医療機器は、人工呼吸器、ECMO 装置、生体情報モニタ、輸液ポンプ、シリンジポンプ、血液浄化装置等、当該患者の診療に用いるもの

2. 廃棄予定機器の使用について
1) これら医療機器を使用する場合には、適切に保守点検を行うこと
2) 日常的に使用していない型式等を用いる場合には、必要に応じてスタッフに研修を行うこと

2020年新年会の写真をお届けします

写真はこちらからご覧下さい

今年も日赤の献血活動の協力を養成校学生さんらと当会理事が行いました
2か所の献血車周辺で呼びかけ活動を行い、血液センターからの報告では、
HEP前46名、三番街前41名のご協力を得たとのことです
寒い中ご協力くださった学生の皆さまに感謝いたします

こちらから別の写真もご覧ください
日 時:2020年1月26日(日)10時~16時
場 所:大阪市北区角田7-10 HEP NAVIO・HEP FIVE前

新型コロナウィルスの影響で【開催延期】となりました

——————————

「第20回日本植込デバイスフォローアップ研究会 JSCIEDs 20th Anniversary 」が開催されます。

  日 時: 2020年7月18日(土)研究会本会
            19日(日)教育セミナー
  会 場: 京都リサーチパーク サイエンスホールおよび会議室G
  
  当番世話⼈︓滋賀県⽴総合病院 臨床⼯学部 髙垣 勝

  演題受付(受付開始しています:4月末まで延長)、参加受付などの詳細はこちらをご確認ください。

<開催中止のご連絡>

代表幹事の古薗 勉先生より、新型コロナウィルス感染症の発生が報じられ、感染地域の拡大が懸念されている状況を鑑み、下記講演会を開催中止する旨のご連絡がございましたので、ご周知のほどよろしくお願い申し上げます。

———————————————————–

「第11回ねごろ医用実学研究会講演会」が開催されます。

  日 時:2020年3月7日(土)13:00~

  会 場:近畿大学生物理工学部 アリーナ(和歌山キャンパス)

  テーマ:臨床工学技士の職域の拡大を考えるⅦ
      「医療情報・遠隔医療と臨床工学技士」

  代表幹事 古薗 勉

   ※参加受付などの詳細はこちらをご確認ください。

新型コロナウィルスの影響で【開催延期】となりました
—————————————————————-
第39回 日本体外循環技術医学会 近畿地方会大会

会期  : 2020年5月30日(土)/31日(日)
会場  : 京都府民総合交流プラザ 京都テルサ
大会長: 畑中晃(京都岡本記念病院)
テーマ : 「INNOVATION –update your motivations-」
URL : http://jasect-k.umin.jp/taikai/39th/index.html
主催  : 日本体外循環技術医学会近畿地方会